【ワードプレスアプリ】さぼるための手順書|具体的な作業4つ+1

目安時間:約 11分

「スマホでワードプレスを扱うためにアプリをインストールしたんだけど、改行がリセットされたり文字に色をつけたりフォントサイズ変更ができなかったりで割と不便だよね?これってどうにかならないの???」

 

ワードプレスアプリは、ちゃんとさぼれば4つの作業だけで済みますよ。

(* ̄∀ ̄)b

 

エグゼクティブ・フルニートの矢菜樹やなぎです。

 

この記事でご紹介する方法では、ワードプレスアプリでテキスト作成をしません。4つの作業だけに絞ります。

 

当記事を読む前に。

【スマホでワードプレス】記事の8割が完成する2つのスマホツール

 

では、本題へ。

 

この記事のポイント3

  • ワードプレスアプリではテキスト作成をしない
  • アプリ版でやること4つをマスターする
  • 記事の総仕上げはパソコンまたはマウスが使えるタブレットで

ワードプレスアプリで執筆すると手直しがめっちゃ面倒

ワードプレスアプリでテキストを作成すると改行が強制的にリセットされるため、手直しがめちゃくちゃ面倒です。

 

赤枠内はアプリ版で改行して段落を作った部分です。

アプリ版で段落分け(改行)をした部分

 

下書きボタンや公開ボタンなどの保存処理をすると改行が強制的にリセットされてしまいます。

下書きボタンや公開ボタンなどの保存処理をすると改行が強制的にリセット

 

ワードプレスアプリでテキスト作成をすると、あとが面倒です。文字数が多いほど改行の手直しが増えてしまいます。

 

テキストの作成は是非ともブラウザ版で。

 

アプリ版での主な作業は4つ

ワードプレスアプリでは、[スマホワードプレスのブラウザ版]で作成したテキストの仕上げ作業がメインになります。

 

ワードプレスアプリで主にやることは、

 

  • 太文字化
  • リンク作成
  • hタグ(見出し)を作る
  • 箇条書きリスト作成

 

の4つの作業だけ。

 

記事に画像を挿入する場合は、alt属性を付ける or 付けないで、

 

  • ブラウザ版を使う
  • アプリ版を使う

 

に別れます。

 

alt属性の詳細は後回し。まずは当記事のメインに当たる4つの作業からご紹介。

 

太文字化

①:ブラウザ版で作っておいたマーキング(目印)を範囲指定し、赤枠内の"B"をタップ。

ブラウザ版で作っておいたマーキング(目印)を範囲指定し、赤枠内の"B"をタップ

 

②:太文字になりました。ブラウザ版のテキスト作成で作った目標"b"(マーキング)を削除します。

ブラウザ版のテキスト作成時につけておいた目標"b"(マーキング)を削除します

 

リンク作成

リンクを作成する要領は太文字化と全く同じ。

 

①ブラウザ版で作っておいたマーキング(目印)を範囲指定し、青枠内のボタンをタップ。

①ブラウザ版で作っておいたマーキング(目印)を範囲指定し、青枠内のボタンをタップ

 

②赤枠内を編集していきます。

②赤枠内を編集していきます

 

③URLとテキストをコピペで貼り付けました。今回は内部リンクを作成したため、「新しいウィンドウまたはタブで開く」はOFFのまま。

③URLとテキストをコピペで貼り付けました

 

④リンクの出来上がり。

④リンクの出来上がり。

 

hタグ(見出し)を作る

見出し作りも太文字化と同じ要領で出来ちゃいます。

 

①見出しにしたい行にカーソルをあわせたら赤枠内をタップ。

①見出しにしたい行にカーソルをあわせたら赤枠内をタップ。

 

②今回はh3タグを使用。同じ要領でほかの見出しタグも作れます。

②今回はh3タグを使用。同じ要領でほかの見出しタグも作れます。

 

箇条書きリストを作成

①箇条書きリストにしたい範囲を選択。

①箇条書きリストにしたい範囲を選択。

 

②箇条書きは2種類です。今回は ulタグ(Unorganized List)を使用します。

②箇条書きは2種類です。

 

③範囲を選択後は2タップで出来上がり。テキスト作成で付けておいた目印を削除します。

③範囲を選択後は2タップで出来上がり。

 

「alt属性なしor 付加」記事に画像を挿入する2つの方法

ここでご紹介する方法は2つ。

 

  1. alt属性が不要ならワードプレスアプリ
  2. alt属性でSEO効果を加える

 

です。

 

「alt属性なし」ワードプレスアプリを使って画像を挿入

まずはワードプレスアプリで記事に画像を挿入する方法をご紹介します。1記事に挿入する画像が少ない場合はコッチのやり方がいいかもしれませんね。

 

①画像を配置したい場所にカーソルを合わせ、青枠内をタップ。

①画像を配置したい場所にカーソルを合わせ、青枠内をタップ。

 

②使いたい画像を選びし、青枠内をタップ(画像は複数選択できます)。

②使いたい画像を選びし、青枠内をタップ

 

③出来上がり。

③出来上がり。

 

SEO効果を付帯させる「alt属性」とは?

alt属性を簡単にご説明すると、画像への記名です。

 

alt属性をつけなかった場合。

 

alt属性をつけた場合は画像と文章が紐付きます。

alt属性をつけた場合は画像と文章が紐付きます。

 

画像に記名しない場合、「この画像は何について説明したものなのか?」、Google屋さんのロボットは認識できません。

まあ、所詮は機械です(ボソ

 

alt属性のSEO効果は「低め」ですが、当記事のように、1記事にたくさん画像を使う場合はやっておいたほうがいいです。記事に使う画像が少ない場合でも、気になる方はつけちゃってOK。スキルアップのためにもチャレンジしてみてくださいね。

 

※ここではスマホを使った編集方法をご紹介していますが、alt属性の作業はパソコンかマウスが使えるタブレット推奨です。

 

ワードプレスアプリから画像を挿入すると、alt属性が反映しない。

ワードプレスアプリから画像を挿入すると、alt属性が反映しない。

 

ブラウザ版(スマホ、パソコン、タブレット)から画像をアップロードで alt属性が反映。

ブラウザ版(スマホ、パソコン、タブレット)から投稿で alt属性が反映

 

「この画像はこの文章について説明してるんだよ」と、Google屋さんのロボットに示してあげる事でSEO効果が少し上がる。

「この画像はこの文章について説明してるんだよ」と、Google屋さんのロボットに示してあげる事でSEO効果が少し上がる。

 

ワードプレスアプリを使ってalt属性を付けるという無駄作業

ワードプレスアプリでalt属性を付ける方法もあります。が、はっきり言って無駄な作業です(笑)。素直にパソコンかマウスが使えるタブレットを開きましょう。

 

では、ワードプレスアプリを使うと、どれだけ時間の無駄になるのか?をご紹介。

 

①まずはスマホワードプレスのブラウザ版(またはパソコンやタブレット)から画像をアップロードします。

スマホワードプレスのブラウザ版(またはパソコンやタブレット)から画像をアップロード

 

②次に、アプリ版でHTML編集。赤枠内を右へスライドします。

赤枠内を右へスライド

 

③赤枠内をタップ。

③赤枠内をタップ。

 

④画像と文章の紐付け。

④画像と文章の紐付け。

 

⑤ここまでがアプリ版でalt属性を付ける手順です。めんどくさいですねえ(笑)。

⑤ここまでがアプリ版でalt属性を付ける手順です。

 

alt属性はパソコンかマウスが使えるタブレットで

alt属性を付けたい場合は、パソコンかマウスが使え得るタブレット推奨です。

 

ワードプレスアプリで記事に画像を貼ってもalt属性は未対応。かといって、alt属性をスマホワードプレスのブラウザ版で処理しようとすれば、スクロールの頻度が増えて時間が無駄になってしまいます。いちいち画面を長押しして、Wコロン("")の隙間(「"○○○"(○○○のところへ文章を挿入)」)を指で狙うのもダルいので。

 

慣れてしまえば、スマホワードプレスブラウザ版のテキストエディターでも、alt属性の処理は出来ます。動画の通り、テキストエディターを使えばスクロールの頻度も減りますので。

 

alt属性をタブレットで処理した様子がこちら。Bluetoothのマウスとキーボードのコンボでめちゃ楽です。

ショートカットキー

 

  • ctrlキー + Cキーでコピー
  • ctrlキー + Vキーで貼り付け

 

を使えば超絶楽ちん♪

 

まと

ワードプレスアプリはテキスト作成には不向きです。記事の仕上げをするために使いましょう。

 

ワードプレスアプリを使った記事の仕上げでは、

 

  • 太文字化
  • リンク作成
  • hタグ(見出し)の作成
  • 箇条書きリスト作成

 

の4つの作業を行います。

 

記事への画像挿入の方法は2種類。

 

  • altを付帯させないのであればアプリ版で画像を添付
  • alt属性をつける場合はブラウザ版(パソコン、マウスが使えるタブレット推奨)

 

です。

 

alt属性のSEO効果は低めではあります。が、記事に挿入する画像が多いのであれば、alt属性はつけておいたほうがいいでしょう。

 

記事の総仕上げにはパソコン(またはマウスが使えるタブレット)を使います。理由は、楽だから(笑)。

 

 

 

 

ではでは、個性あふれる情報発信を!

 

 

 

目次に戻る

 

記事の先頭に戻る

 

さぼ活トップページに戻る

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人イチオシ

当サイトもこのマニュアルで作ってます。

     注意
稼ぎたいだけの人はリンクを開かないでください。

ブログ統計情報
  • 7,212 アクセス
管理人プロフィール
プロフィール画像

管理人:矢菜樹やなぎ 孝 明たかあき
出身地:神奈川県
生息地:関西

ひと言

自称、日本一落ち着きのないおじさん。『せっかくこの世に遊びに来てるんだから毎日全力でふざけよう』って思ってるふざけた講師です。
肩書きのエグゼクティブ・フルニートは「発想の自由」という意味で捉えてください。

経歴

〜2017年夏頃
『定時なんて都市伝説だ!』と働きまくってたらうつ病とか解離性障害とかいろんな病気になってたみたいで2年分の記憶を失くす。

2017年11月
椎間板ヘルニアと分離すべり症と坐骨神経痛で1ヶ月くらい寝たきりになる。復職直前にアンリミを購入。よせばいいのに働きながら勉強し始める。

2018年1月
案の定、また記憶を失くす。「働いてる場合じゃないや~」と、やっとこさ自覚して会社を辞める。

そして現在・・・
『人生の全部を遊びに変えちゃおうよ!』をコンセプトに、トークイベントやチャレンジ企画の発案など様々なことに挑戦中。

▷▷▷ 詳細プロフィール ◁◁◁

カテゴリー
アーカイブ
さぎょいぷチームのHP
Twitter
メタ情報

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。