「画像の役割を解説」読み手を引き込む[オリジナル画像]の簡単な作り方3選

目安時間:約 13分

どうも、エグゼクティブ・フルニートの矢菜樹やなぎです。

 

今回は、ブログを初めて3ヶ月未満の初心者向けに画像の役割を解説します。

 

オリジナル画像を紙とペンで作る手順もご紹介しますので、ここで一旦読むのを止めて、紙とペンとスマホを用意してから読み進めてくださいね。

 

画像の基本原則

ブログで使う画像は、わかりやすく伝えるための手段ひとつです。

 

画像をブログや記事に使う場合、

 

  • 画像の貼り付け位置
  • 画像の素材選び
  • 画像と文章の相性
  • 画像のサイズ
  • 画像の使用頻度
 
などを意識しておきましょう。
 
上記の5点を抑えておけば、

 

  • 伝わりやすさ
  • 売れる文章
  • 固定ファンの獲得や定着
  • 精読率
  • 訴求力
  • 説得力

 

など、読者に伝えたいことがより簡潔に届くようになります。
 

超超超〜有名な『バズ部』さんも、【ランディングページのコンバージョン率を5倍にする21の簡単な方法】の中で、『イメージ画像を変更する』ことを推奨しているくらい、画像はブログに欠かせない重要なパーツといえるでしょう。

 

画像の使い道をまとめると、

 

  • 画像+説明文のセット
  • 文章を画像で補足する

 

となります。

 

例えば、画像が一切使われていない商品紹介ページがあったとします。

 

ちょっと想像してみてください。

 

Amazonや楽天市場の商品が『全て画像なしで説明文のみ』だったら・・・それでもあなたは、その説明文だけの商品を買いたいって思いますか?

 

これじゃあまるで、サンプルなしの自販機に電源を差して置いてあるようなもの(笑)。

サンプルなしの自販機に電源を差して置いてあるようなもの

これで「営業中」のランプがチカチカと点灯してたら買いたいと思います?(笑)。

 

この自販機の画像もそう。

 

『サンプルなしの自販機に電源を差して置いてあるようなもの(笑)。』っていう文章説明だけだったらピンときませんよね。

 

鬼に金棒、ブログ文章に画像なんです。

 

画像が記事やトップページに存在する意味は、読者へ正確な情報を伝えるための欠かせないツールともいえます。

 

オリジナル画像作成の欠点2つ

ブログに拾い画像を使うのは楽だけど、競合ブログでも同じ画像が使われることはよくあります。いわゆる「被ってしまう」わけです。

 

拾い画像って?

拾い画像とは、他人様がネット上にアップしている画像の転載。商用利用不可の画像を使うと著作権や肖像権に抵触する場合があるので、転載前には画像元の規約を確認してから拝借しましょう。

 

拾い画像に文字入れしても元素材は同じものですからオリジナリティに欠けますよね。かといって、オリジナルデザインの画像をパソコンで作るためには「時間と労力のセット」「経費」のどちらかが必要になります。

 

欠点その1「制作時間」

デザインのプロじゃなくてもある程度見栄えのいい画像は作れます。しかし、画像を自作するのって割と大変な作業なんです。

 

画像の自作には、GIMPやWindowsに標準搭載のペイント機能などが扱えることが前提条件です。しかし、GIMPは現行の[バージョン2.10]から、今までは日本語表記だった一部機能が英字での表記へ変更となっています。

 

今からGIMPを始める方にとっては扱いが面倒なアプリになってしまいました。

 

Windowsに標準搭載のペイント(以下ペイント機能)はフリーズし辛いく扱いやすい反面、少し凝ったデザインの画像を作るには向いてません。機能的に不十分です。

 

欠点その2「外注費用」

商品紹介ページの画像なら外注したほうが良いでしょう。前述の通り、『バズ部』さんも推奨するほど、売り上げを分ける要因になるのが画像ですから。

 

問題は、普段の記事に挿入する画像。

 

商品紹介ページへ直接誘導する記事や、既にある程度稼いでいて外注費に回す余裕があるなら画像にお金をかけるのもありかもしれません。でも、執筆・投稿する全ての記事に外注の画像を使うとコストばかりかかってしまいます。

 

もし、あなたが駆け出しの情報発信者なら少しでも経費は抑えたいですよね。

 

画像の重要度を味噌汁に例えると・・・

画像の重要度を味噌汁に例えるとこんな感じ。

 

[ブログ内の全画像を外注した場合]

味噌をドカドカ注いで20種の具材をぶち込んだ味噌汁なんて体を壊しかねません。塩分過多血圧上昇スープになっちゃいます。

 

[画像が一切ないブログ]

説明文のみ、全て文章のブログなんて読みたいと思います?

 

  • ヘッダー画像なし
  • アイコンなし
  • アイキャッチ画像なし
  • 本文にも画像なし
  • 商品画像もなし
  • 紹介ページにも画像なし
  • 画像使用率がブログ全体で0%

 

こんな画像なしブログなんて、具と味噌の入ってない味噌汁みたいなもの…あ、これだとただのダシ汁か(ボソ)。

 

欠点をクリアしたオリジナル画像の超簡単な作成方法3選

画像作成の悩みの種は4点。

 

  • 制作時間
  • 労力
  • 著作権
  • 肖像権

 

です。

 

この4つの問題をクリアする3つの方法

 

  • 紙にペンで書いものを撮影
  • 実際に購入した商品を撮影
  • スマホで撮影した画像を加工編集できるスマホアプリ3つ

 

をご紹介します。

 

紙にペンで書いて撮影

無料ブログで記事を書いてた頃から実践している手法です。実際にやったことの証明にもなりますし、字の汚さを逆手に取ってアピールポイントにもしていました(照)。

[具体例]

  • ブレインダンプを実践した紙
  • ミニマインドマップを書いた紙
  • 読者へ出題するためのクイズ

ほかにも、色々な用途を見つけてみてください。

 

実際に購入した商品の画像を使う

書籍などの現物の商品なら、

 

  • 手に持ってスマホでパシャり
  • 書きかけの記事を背景にパシャり

 

など工夫して写せば、購入した証拠である事が読者へきちんと伝わります。

 

ダウンロードしたブログ収益化マニュアルなら、パソコン画面にPDFなどで開いたものをスマホでパシャり。実際に購入した本人でなければ絶対にできないことです。

 

スマホで撮影した画像を加工編集するスマホアプリ3つ

個人的には、画像をペイント機能で加工編集するのはパソコン画面のスクショがほとんどです。

 

スマホで撮影した画像の加工編集は、今ではほとんどがスマホアプリで済ませてます。完成した画像はスマホから直接ワードプレスへアップロード出来ちゃいますから。

 

そこで、私が実際に使っているiPhoneアプリを3つご紹介します。

 

「エバーノート」

エバーノート

サーバー経由でスマホとパソコンの相互利用が可能な万能アプリです。が、今や画像の加工編集用としてしか使ってません。

 

スマホアプリ「Evernote」|ダウンロードから初期設定完了まで

 

「モザイク」

モザイク

画像にモザイク処理をするためだけのモザイク専門アプリ。エバーノートのモザイクが割と薄めなんで、画像をぼかしたいときはこっちを使ってます。

 
※スマホから画像をタップでダウンロードページへ移動します。

 

iPhoneに標準搭載の「写真アプリ」

写真

「編集」のリサイズ機能が格段に使いやすいのが特徴。リサイズのためだけに使ってます。

 

 

まとめ

今回は、画像の基本原則から画像の使い方、自作画像の欠点、欠点をクリアしたオリジナル画像の作成方法をご紹介しました。

 

外注はお金で時間を買うようなものですが、あまりコストをかけられない人には高嶺の花の存在のようなもの。まだ稼げてない人にとっては「"高値の"花」なんです。 

 

かといって、こだわりの画像なんて作ってるヒマはありませんよね。

 

ブログは記事を書いてなんぼ、恥をかいて成長ですので。

 

 

 

ではでは、個性あふれる情報発信を!

 

 

 

目次に戻る

 

記事の先頭に戻る

 

アフィ活トップページへ

 

この記事のカラクリを暴露します。

実は、この記事はコピーライディングの観点「恐怖を演出して利用する」原理を元に執筆しています。

 

本記事が示す恐怖とは、自作画像や拾い画像の4つの問題点を浮き彫りにしたこと。

 

解決策は、4つの問題をクリアする3つの方法をご紹介したことです。

 

簡単にいえば、[恐怖を演出する→演出した恐怖を利用して解決策を提示する]となります。

 

このような種明かしをする事で、読者との間に信頼関係が積み上がっていくわけです。

 

また、『影響力の6つの武器』を全て詰め込んでいます。

 

  • 権威性
  • 希少性
  • 社会的証明
  • 返報性の原理
  • コミットメントと一貫性
  • 好意

 

の6つ。

 

あなたが今、この一行を読んでいるのはコピーライティングの力によるものかもしれません。

 

他人の意のままに記事を読まされただなんて、あまり気分のいいものではないかもしれませんね。

 

しかし、あなたにも、この「読ませ力」を身につけることは十分可能なはず。

 

なぜなら、ここまでの文章は全て、当ブログトップページで紹介している【現代広告の心理技術101】を参考にしたものなのですから。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

管理人イチオシ

当サイトもこのマニュアルで作ってます。

(準備中)レビュー記事

ブログ統計情報
  • 3,342 アクセス
管理人プロフィール
プロフィール画像

管理人:矢菜樹やなぎ 孝明たかあき
出身地:神奈川県
生息地:関西
自称:日本一落ち着きのないおじさん

経歴:
1978年2月生まれ。
「定時なんて都市伝説だ!」と働きまくってたらうつ病とか解離性障害とかいろんな病気になってたみたいで2年分の記憶を失くす。

2017年11月。
椎間板ヘルニアと分離すべり症と坐骨神経痛で1ヶ月くらい寝たきりになる。復職直前にアンリミを購入。よせばいいのに働きながら勉強し始める。

2018年1月。
案の定、また記憶を失くす。「働いてる場合じゃないや~」と、やっとこさ自覚して会社を辞める。

そして現在・・・
「人生の全てを遊びに変えちゃおうよ!」をコンセプトに、トークイベントやチャレンジ企画の発案など様々なことにチャレンジ中。

カテゴリー
アーカイブ
さぎょいぷチームのHP
Twitter
メタ情報

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。