「 Amazonと楽天」6つの比較ポイント|忙しい人のための買い物術

目安時間:約 13分

 

  • 「お店が開いてる時間に買い物に行けないんだよ」
  • 「休日は寝るか買い出しで潰れるんだよね」
  • 「時間に追われて趣味も持てないよ(白目)」

 

そんな忙しい人のためのさぼり術、「ネット通販」について解説していきます。

 

エグゼクティブ・フルニートの矢菜樹やなぎです。

 

結論をいえば、忙しい人で溢れている現代社会では時間はお金で買うものなんですよ。

 

「は?」

 

と思った方もいるかもしれませんね。詳細については、このあと記事の本文でご説明しています。

 

ネット通販にちょっと抵抗感を感じてる方や、普段からAmazonや楽天で買い物されてる方にも、当記事がお役に立てれば幸いです。

 

※当記事は、忙しい人のために『時間やお金の使い方を見直してみようよ!』という趣旨で公開しております。スーパーやコンビニなど小売店の役割を批判するものではありません。

 

この記事のポイント3つ

  • 時間を買う
  • どうやって楽をするか?
  • じぶん時間を確保する

ネット通販は「時間を買う」

Amazonや楽天のお買い物でハピタスポイントをゲット

 

Amazonや楽天のお買い物でハピタスポイントをゲット

無料・賢い人のお得なサイト《ハピタス》

忙しい人のために先にお伝えすると、『ネットで買い物しようよ!』というのが当記事でお伝えしたいこと。

 

「持論展開なんて読んでる時間がもったいない!」と思った方は、

 

  • 『Amazonと楽天』比較のポイント6つ

 

だけでも読んでいってください^^

 

 

では、始めます。

 

ざっくりといえば、スーパーに行くってこと自体をやめれば時間は空きます。

 

買い物なんてね、さぼっても問題ないんです。

 

お店へ買い出しに行かなければ、

 

  • お店に向かう時間が省ける
  • 店内を歩き回る時間も無くなる
  • お客さんがレジに集中する時間を避けられる
  • "ついで買い"のリスクを避けられる

 

などなど、わりと良いことづくめなんですよ。

 

正直にいえば、ネットでの買い物は割高になる場合もあります。スーパーと違い、これといった特売品もなければ送料がかかる場合もありますので。

 

ただ、デメリットは捉え方を変えればメリットになります。

 

特売品がないということは、あるかどうかもわからない掘り出し物を発掘する手間が省けるとも考えられます。

 

送料については、買い出しに出向く時間(タイムコスト)や、車で買い出しに向かう習慣がある人はガソリン代が浮くことにもなりますから。

 

つまりネット通販では、商品と時間の両方を買うことになるわけです。

 

繰り返しになりますが、さぼっていいところはちゃんとさぼりましょう。

 

比較対象をAmazonと楽天の2社に絞る理由

他社を探すのって面倒くさくないですか?

 

既にごひいきが決まってる人ならともかく、Amazonと楽天以外のECサイト(ネット通販の総称のようなもの)を探し出すだけでもどれだけの手間でしょうか?

 

ECサイトは他にも沢山あると思います。が、商品の値段なんてそんなに変わりません。

 

1点1点の品に多少は価格の差はあるでしょう。でも、トータルで考えたら1回分や2回分の買い物で大幅に金額が変わることはないです。

 

Amazonや楽天で扱っている商品といえば、

 

  • クリアケースや本棚などの家具類
  • 自己投資のための書籍類
  • 紙のノートやペン類など事務用品
  • 台所用品全般
  • お風呂用品全般
  • 中古や新品の冷蔵庫洗濯機など白物家電
  • パソコン本体や周辺機器

 

など、生活必需品のほかにも多くの商品が揃っています。

 

ただ、生鮮食品などはAmazon、楽天ともに取扱が少ないので、野菜や魚、肉、米などの食料品は生協(コープ)などネットスーパーで週一回まとめ買いすれば問題は解決です。

 

訂正

Amazon、楽天にも生鮮食品の取り扱いがあることがこの記事の投稿後にわかりました(勉強不足でした、すみません)。

 

生鮮食品の発注や仕入れについての記事はこちら

「時間が欲しい!」ネットスーパー活用の実例と4社比較

 

ECサイトはライフスタイルで選ぶ

今までの買い物習慣ってこんな感じじゃないですか?

 

  • 「シャンプーとリンスはAスーパーで…あ!ゴミ袋と重曹はBスーパーが安いから・・・」
  • 「歩けば5分でコンビニだけど、チャリンコ走らせれば10分でスーパーだ!」

 

などなど、1円でも安いものを選びたくなりますよね。うんうん、わかります。

 

所得に合わせて買い物をしなければ家計は逼迫(ひっぱく)しますから。

 

ちょっと想像してみてください。

 

1円でも安くを求める買い物スタイルでお金持ちになった人ってどれくらいいるんでしょうかね?

 

前述の通り、ネット通販では便利や時間も買っているわけですから、多少は割高になる場合もあります。

 

安さだけを求めるなら今すぐこの記事を閉じてしまって構いません(ここまでお付き合いいただきありがとうございました)。

 

ここまでのまとめ

  • ネット通販は時間を買う
  • ECサイトはAmazonか楽天を選ぶ
  • 日用品はライフスタイルに合わせて買う

 

つまり、

 

  • たださぼるのではなく、『どうさぼるのか?』

 

「さぼるのは悪いことだ」という思い込みは、もう捨てちゃいましょう。

 

『Amazonと楽天』比較ポイント6つ

比較を始める前に前提からお話ししますね。

 

結論からいえば、

 

  • 商品到着のスピードならAmazon
  • 多少遅れてもいいし、ポイント多くもらえるなら楽天

 

と考えれば、Amazonと楽天のどちらかを選びやすくなります。

 

Amazonと楽天の最大の違いは在庫の管理方法。

 

消費者には関係のない部分と思いがちですが、各社が商品をどう管理しているかで配送や支払い方法などがかわってしまうんです。

 

噛み砕いていえば、

 

  • Amazonは便利に特化
  • 楽天は選択肢が多いぶん還元率が高い

 

となります。

 

各社をセリフにするとこんな感じ。

 

Amazon氏

「決済方法も配送方法もお客はんに不便はかけまへん!なんせウチら自社倉庫で在庫回しとるけんね。」

※言い回しは筆者のアレンジです。

 

楽天氏

「お客様にお手数おかけするぶんはポイントで還元させていただきますね!」

 

となります。

※あくまで言い回しは筆者のアレンジです。

 

さてここからは、比較ポイントを6つ、箇条書きでご紹介。

 

決済方法

各社とも一部商品は対応していない決済方法もあります。

 

Amazon

  • キャリア決済(docomo、auの料金と合算)
  • コンビニ決済
  • ATMから振込み
  • ネットバンキング(スマホやパソコンから振込み)
  • 電子マネーで決済(パソリ必須)
  • クレジットカード

 

楽天

  • コンビニ決済
  • ATMから振込み
  • 後払い決済(手数料あり。商品と別途で請求者が届きます)
  • 代金引換(手数料あり)
  • コンビニ決済
  • クレジットカード

 

還元率

還元率を軸に選ぶなら、発注者に負担の多い楽天に軍配が上がりますね。

 

Amazon

  • 書籍以外、ほぼ全ての商品が0〜1ポイント程度

 

楽天

  • 還元利率は商品単価の1%〜3%
  • キャンペーン期間中はポイント最大で7倍
  • 楽天カードの利用でポイント上乗せ

 

発注から商品到着までの時間

スピードを重視するなら、物流管理システムが整備されているAmazonですね。

 

Amazon

  • お住い地域のAmazon倉庫に在庫がある場合は発注から最短で2日程度
  • お急ぎ便(有料オプション)の利用で最短翌日

 

楽天

  • 店舗ごとに異なる
  • 経験上、最短で4日くらい
  • 店舗によってはトラブルも…

 

受け取り場所の指定

指定したコンビニで商品を預かってくれるAmazonなら、煩わしい不在通知の手間が省けます。

 

ドライバー経験がある筆者の視点で述べるなら、『配送先がコンビニにまとまるから助かるわあ〜』

 

つまり、あなたと運送屋さんの win-win ってわけです。

 

Amazon

  • 自宅や設定した住所地へ配達
  • ローソンやファミマで一時保管してくれる
  • 郵便局窓口での受け取りも可

 

楽天

  • 自宅や設定した住所地へ配達
  • 郵便窓口での受け取りも可

 

スマホアプリの扱いやすさ

元も子もない事をいえば、慣れです(笑)。

 

便利を買うか、ポイント還元で次の買い物につなげるかで選べば、Amazonか楽天のどちらかに偏りますので。

 

余談ですが、せっかちな筆者はAmazonで買うことが多いです。

 

送料

各社とも、商品や買い方次第では送料が有償になる場合があります。

 

Amazon

  • 値段が3桁以下のものは基本的には有償
  • ただし、まとめ買い対象商品に限り2千円以上で送料無料
  • 一部商品は単体の価格が4桁以上でも有償になるケースも
  • 定期購入に申し込むと商品単価が数十円単位で割引に

 

楽天

  • 店舗により異なる
  • 3桁以下の商品でも無料有償に別れます
  • *指定金額以上のまとめ買いで送料無料になるケースも

 

※商品の価格帯は店舗次第になります。

 

まとめ

買い物に出向く手間を省くだけであなたの時間は増えます。

 

既にネット通販でしか買い物していない人にとっては振り返ってみる機会になったのではないでしょうか?

 

ただ、

 

  • ネット通販を既に利用していて
  • それでも社畜労働で目が回りそう

 

であれば、そんなクソな会社は辞めちゃいましょう。

 

あなたが退職することで、人を人とも思わないようなゴミ会社はこの世から消してあげることができますので。

 

てはでは、個性あふれる情報発信を!

 

 

 

目次に戻る

 

記事の先頭に戻る

 

さぼ活トップページに戻る

 

 

Amazonや楽天のお買い物でハピタスポイントをゲット

 

Amazonや楽天のお買い物でハピタスポイントをゲット

無料・賢い人のお得なサイト《ハピタス》

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人イチオシ

当サイトもこのマニュアルで作ってます。

     注意
稼ぎたいだけの人はリンクを開かないでください。

ブログ統計情報
  • 6,660 アクセス
管理人プロフィール
プロフィール画像

管理人:矢菜樹やなぎ 孝 明たかあき
出身地:神奈川県
生息地:関西

ひと言

自称、日本一落ち着きのないおじさん。『せっかくこの世に遊びに来てるんだから毎日全力でふざけよう』って思ってるふざけた講師です。
肩書きのエグゼクティブ・フルニートは「発想の自由」という意味で捉えてください。

経歴

〜2017年夏頃
『定時なんて都市伝説だ!』と働きまくってたらうつ病とか解離性障害とかいろんな病気になってたみたいで2年分の記憶を失くす。

2017年11月
椎間板ヘルニアと分離すべり症と坐骨神経痛で1ヶ月くらい寝たきりになる。復職直前にアンリミを購入。よせばいいのに働きながら勉強し始める。

2018年1月
案の定、また記憶を失くす。「働いてる場合じゃないや~」と、やっとこさ自覚して会社を辞める。

そして現在・・・
『人生の全部を遊びに変えちゃおうよ!』をコンセプトに、トークイベントやチャレンジ企画の発案など様々なことに挑戦中。

▷▷▷ 詳細プロフィール ◁◁◁

カテゴリー
アーカイブ
さぎょいぷチームのHP
Twitter
メタ情報

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。