シンママさんと子供さんを支援|大阪ミナミの「シンママ食堂」とは

目安時間:約 10分

どうも!エグゼクティブ・フルニートの矢菜樹やなぎです。

 

今回は、シングルママさんと子供さんを支援する取り組み、「シンママ食堂」をご紹介します。

 

シンママ食堂を一言でいえば、「社会貢献」です。

 

ブログの収益化作業やグループで打ち合わせをしたり、お酒を飲んでアヒャヒャと盛り上がることがシングルママさんと子供さんの生活を手助けすることにつながっちゃうから不思議ですよねぇ~。

 

必読!食事を無料で提供する3つの資源

子育てに悩むシングルママさんと小さな子供さんを「社会全体で支えていこうよ!」というのがシンママ食堂のコンセプトです。

 

お店の売り上げや様々な方からの支援で成り立つこの活動は、子供たちに明るい未来を与えていくために旗揚げされました。

 

HARUNOAIDA公式ページでは、活動を支援する方々がどんな人たちなのかをご覧になれます。

 

 

 

活動の資源①お店の売り上げ

フリーランスの方がコワーキングスペースとして利用したり、お酒好きの人たちがアヒャヒャと盛り上がることがシンママさんと子供さんを支える事につながります。

 

ピッチャーでシャンパンをグイグイ飲むことも社会貢献活動の一部です。

ピッチャーでシャンパンをグイグイ飲むことも社会貢献活動の一部です

 

BARでカラオケしながら散髪してもらうこともシンママさんや子供さんへの支援につながります。

 

注:この日は女子会イベントでしたが画像や動画へのツッコミは・・・まあいいでしょう。

 

 

 

活動の資源②食べ助け

規格外の野菜はスーパーなどに流通することはありません。一部は家畜の飼料となりますが、大部分は廃棄されてしまうのが現状です。

 

農家さんは法律に則り、身銭を切って食べられるものを廃棄処分しなければなりません。

 

こうした食べられるのに売り物にならない野菜を格安で買い取ることで、農家さんの負担を減らすことにもなります。

 

 

 

活動の資源③寄付

食材や調理器具などは、「活動に協力したい!」という有志から寄付されるものもあります。

 

 

 

3歳でほぼホームレスだった私の幼少期

矢菜樹は幼少期にホームレスに近い生活をしていたことがあります。

 

昼夜問わず母親はほぼ不在。実父は常に家にいましたが、家事などをすることはありません。 

 

丼に生の玉ねぎを乗せただけのものを突き出され、「嫌なら食うな!」などと怒鳴られたり引っ叩かれたりしていました。

 

 

 

当たり前ですが、食べなければお腹は空くんです。

 

こうしたこともあり、私と姉は近所のスーパーへ通い始める日を送ることになります。目当ては試食品コーナーです。

 

『あそこへ行けば食べ物がある』

 

当時3歳とか4歳の子供が精一杯に知恵を絞って出来ることなんてこの程度です。

 

もちろん、そんな微々たる量で満たされるわけがありません。時には姉が万引きしてきた食料を恵んでもらったこともありました。

 

しかし、そんな盗品暮らしが長く続くわけがなかったんです。

 

滅多に家に帰らない母親の耳には万引きの事実だけが入ったのでしょう。姉弟揃って殴られ蹴られとされたことが、今でも鮮明な映像として蘇ることがあります。

 

「この手が悪いことするのかー!」

 

怒鳴りつけられ張り倒され、押さえつけられて親指に包丁を突きつけられたことは、多分、死ぬまで消えることはないでしょう。

 

でも、食べ物がない毎日に変わりはありません。母親も実父も相変わらずでしたから。

 

 

 

『お金があれば食べるものが買える』

 

このことはなんとなく理解していました。普段からタバコのおつかいに行かされてましたから。

 

でも、お金を稼ぐ手段なんてありません。タンスや押入れをガサゴソと漁っても、お金なんて見つかりませんでした。

 

それでも、なんとかしなくちゃならなかったんです。

 

 

 

どこで覚えてきたのか、道端に転がっている割と綺麗目な石ころをかき集めてきては道端に広げて

 

『占いやります!』

 

と、道行く大人たちに声をかけたりもしてました。人間ってね、生きるためならなんでもやるみたいです。これがわたしの人生初の起業だったのかもしれません。

 

でも、そんな子供の戯言に耳を貸す大人など一人もいませんでした。

 

 

 

それでも腹は空く。

 

 

 

家の裏手の駐車場に生えた雑草を生で食べたり、生きたままの蟻を口に入れたことだってたあります。

 

え?気持ち悪いって?
でしょうね。

 

もちろん、この程度で飢えをしのげるわけがありません。

 

姉はさらに知恵を絞り出し、スーパーから会計済み印のテープを盗み出してきました。

 

これで、堂々と調達ができるわけです。

 

しかし、面が割れている私たち姉弟に、大人たちは容赦ない警戒態勢を張っていました。

 

入店するやいなや、定員さんたちが常についてまわってくるのだから、調達のためのテープ貼り作業をすることができません。

 

見つかればまた殴られる。
指を切り落とされるかもしれない。

 

 

 

『でも、食べたい。』

 

 

 

「保護を求める」とか「近所の大人に泣きつく」とかすれば良かったのでしょうけど、そんなことをすれば・・・

 

「まるで私が飯も食わせてないみたいじゃないか!」と、母親に張り倒されることを既に知ってしまっていたのですから。

 

子供といえど、暴力で縛られた人間は成す術がないんです。

 

 

 

それからしばらくの間は、水道の水をがぶ飲みしながら例の試食品コーナー通いで飢えをしのいだり、生の野草をかじって生きていました。

 

そんな状況から私たちを救い出してくれたのは、北海道からやってきたばーちゃんです。

 

ばーちゃんに連れられて、私たち姉弟はしばらくの間、釧路で暮らしていました。

 

すっかり食べ物を受け付けなくなっていた胃袋は、食べるたびに痛みを覚えました。

 

あまりの痛さで吐き戻すことを何度も繰り返しはしましたが、"ばーちゃん食堂"のおかげで、「食べる」ということを、やっと克服することができたのです。

 

 

 

書いてて思った。

よー生きてたわほんま。

 

 

 

子どもの貧困を少しでも減らしましょうよ

シンママ食堂を主催するコワーキングスペース&オーガニックバー「HARUNOAIDA」へは各駅から徒歩でおよそ10分。

地下鉄堺筋線、及び、地下鉄長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」

 

地下鉄御堂筋線、「心斎橋駅」「なんば駅」

各駅から徒歩でおよそ10分

 

 

シンママ食堂の詳細やお問い合わせは下記URLか画像をクリック or タップ。

 

https://www.harunoaida.com/shinmama/

 

シンママ食堂

あなたのパソコン作業やお酒代が小さな子供さんの未来を作ります。

 

そんな活動に興味がある方や、この記事を読んで少しでも心が動いたらシンママ食堂のシェアをお願いします。

 

ではでは、個性あふれる情報発信を!

 

 

 

目次に戻る

 

先頭に戻る

 

アフィ活トップへ

 

 

コメントは2件です

  1. パルプンテトモ より:

    こんにちはー、ほんとお久しぶりです。

    アドセンスでまだ月2万円台のパルですよー。

    別のHP作ってずーーーっと記事更新に明け暮れていたのですが、寒くなってきたのでふっと我に返りました。

    途中でドメイン変更してアクセス激落ちからリスタートの状況なのでちょっと凹んでます(笑)。

    ひとつ強いサイトを作れば、次のサイトにpv流せますので、記事の移行作業も並行してます。

    えーなになに、役員になったってほんとですか。

    • >パルさん
      あ!元プロ社畜のパルさんや!
      半年くらい前まで「できなーい!稼げなーい!」と言ってたのに、人は努力で変われるってことを証明してくれてありがとうございます。

      あ~、今流行りのブラックハットSEOでしょ?サイトやブログは育ててなんぼやからドメイン1コじゃ心元ないよね。
      (* ̄∀ ̄)b

      役員のお話は・・・また別の機会に(照)。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

管理人イチオシ

当サイトもこのマニュアルで作ってます。

(準備中)レビュー記事

ブログ統計情報
  • 3,342 アクセス
管理人プロフィール
プロフィール画像

管理人:矢菜樹やなぎ 孝明たかあき
出身地:神奈川県
生息地:関西
自称:日本一落ち着きのないおじさん

経歴:
1978年2月生まれ。
「定時なんて都市伝説だ!」と働きまくってたらうつ病とか解離性障害とかいろんな病気になってたみたいで2年分の記憶を失くす。

2017年11月。
椎間板ヘルニアと分離すべり症と坐骨神経痛で1ヶ月くらい寝たきりになる。復職直前にアンリミを購入。よせばいいのに働きながら勉強し始める。

2018年1月。
案の定、また記憶を失くす。「働いてる場合じゃないや~」と、やっとこさ自覚して会社を辞める。

そして現在・・・
「人生の全てを遊びに変えちゃおうよ!」をコンセプトに、トークイベントやチャレンジ企画の発案など様々なことにチャレンジ中。

カテゴリー
アーカイブ
さぎょいぷチームのHP
Twitter
メタ情報

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。